『最強の働き方』~一流の仕事をするための具体的なヒントが学べる一冊

本・名言・格言

本から学べることはたくさんありますね。

私も投資に活きる考え方、メンタルのコントロールに活きる考え方、人とのコミュニケーションに活きる考え方等、さまざまな考え方を本からたくさん学んできました。
そしてこれからも学び続けたいと思います。

今日は私が学びを得た本を紹介します。

今日紹介するのはムーギー・キム氏著の『最強の働き方~世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』です。
ビジネスパーソン目線で、一流の働き方、最強の働き方をするためのヒントを学べる一冊です。

スポンサーリンク

著者について

書籍内の著者紹介より、以下抜粋します。

1977年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。INSEADにてMBA取得。
大学卒業後、外資系金融機関の投資銀行部門にて、日本企業の上場および資金調達に従事。
その後、世界で最も長い歴史を誇る大手グローバル・コンサルティングファームにて企業の戦略立案を担当し、韓国・欧州・北欧・米国ほか、多くの国際的なコンサルティングプロジェクトに参画。
2005年より世界最大級の外資系資産運用会社にてバイサイドアナリストとして株式調査業務を担当したのち、香港に移住してプライベート・エクイティ・ファンドへの投資業務に転身。
英語・中国語・韓国語・日本語を操る。

スポンサーリンク

内容について

学歴が高い人=仕事ができる人、とは必ずしも限らない。
では、仕事ができる人は、他の人と何が違うのか?

著者であるムーギー・キム氏がこれまで見てきた様々な人の働き方から、「最高水準の仕事をしている」と周囲に言われる一流の働き方のエッセンスを凝縮して書かれたのがこの一冊です。

「一流の仕事をするにはどうすればいいか?」という問いに対して、具体的な行動指針を示してくれます。
一流の基本(Basic)、一流の自己管理(Discipline)、一流の心構え(Mindset)、一流のリーダーシップ(Leadership)、一流の自己実現(Self-realization)の5つ章に渡り、具体的な77つの視点から、「働き方」や「生き方」の目線を上げるヒントが詰まっています。

本著は以下のような章立てで構成されています。

第1章:一流への道は一流の基本から~知らない秘策より、知っている基本の完成度

第2章:一流の自己管理~一流への道は生活習慣から

第3章:一流の心構え(マインドセット)~一流と二流の間にあるもの

第4章:一流のリーダーシップ~まわりから支えられる人はココが違う

第5章:一流の自己実現~自分を知り、自分を自由にする

印象的なフレーズ

本著の中で印象的だったフレーズをいくつか紹介します。

・メールを瞬時に返すことは、いまある仕事を後回しにしない自制心、何事も締め切り寸前ではなく前倒しで行う自己規律、そして相手への敬意や配慮の有無など、仕事の生産性の高さにまつわるすべてがあらわれてしまうのだ。

・一流の人はまずもって、絶対に遅刻しない。
またあらゆる仕事が時間どおりというより、時間に余裕をもって達成される。
相手を待たせることとは、他人の時間を無駄にする行為である。
それは規律のなさと無責任さの象徴的行為とみなされる。

・いま現在、はたして私たちは会社からもらっている給料と役職以上の仕事をしているだろうか。
そのうえで「あなたがいないと回らない仕事」がいったいどれだけあるだろうか。
「あなたじゃなくてもできる仕事」をやっている限り、いま以上の出世は到底望めないのである。

・給料の金額だけでなくほかの要素、すなわち「大切にされている」という信頼感で、「尊重されている実感(Recognition)」を感じてもらい、貢献度を高めるのが上司の腕の見せ所になる。

・「自分は何をやりたいのか」この単純だが極めて基本的な自問が、自分自身の一流の仕事への出発点である。

まとめ

仕事の進め方や意識の持ち方についての本は色々とありますが、「こうすべきである」という上から目線のアドバイスではなく、著者自身が世界中で怒られ、説教され、感心して分かったことが、ビジネスパーソンの目線に落とし込まれていること、印象的なイラストが多く盛り込まれ、意識すべき要素を視覚的に理解できることが、本著の良いところだと感じます。

ご興味のある方は是非読んでみて下さい!
本日もお読み頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました