お金持ちへの第1歩!家計簿をつけるメリット3選!

Uncategorized

こんな方に読んで頂きたい記事です。

節約してるつもりなのになかなかお金が貯まりません・・・。

金持ちになりたい!でも何からすればいいのかわからん!

家計簿は面倒くさそう。つけるメリットがよくわからない。

皆さんは家計簿をつけていますか?
私は2013年につけ始めて以来8年以上つけ続けています。
8年間も続けることができているのは、メリットがあるから。
今日はそのメリットを皆さんにお伝えします!
この記事が、そんな読者の皆さんがお金持ちになる第1歩となれば嬉しいです。

スポンサーリンク

なぜ家計簿をつけるのか?

昨年(2020年)、今年(2021年)と、コロナ禍で、収入面で苦労している方も多いと思います。
皆さんは資産を増やせましたか?
1年間で資産が増えたか減ったか、その計算式はとてもシンプルです。

1年間の資産の増減 = 収入 - 支出 + (資産 × 利回り)

この式から言えること、資産を増やすために必要なことは、この4つです!

(1)収入を増やす (2)支出を減らす (3)資産を増やす (4)利回りを増やす


4つの切り口全てをバランスよく意識することが大事ですが、私のようなサラリーマンの場合、
(1)収入はそう簡単に増やせません。
ボーナスは会社の業績に左右されるし、コロナ禍で残業代削減となった方も多かったのではないでしょうか。
(3)資産もそう簡単には増えません。
(4)利回りは、うまくいけば一気に資産が増える可能性もありますが、一方で資産が減ってしまう可能性もあり、相場の状況によって不安定です。

そんな中、確実に効果が出る、最も自分でコントロールしやすいのが(2)支出を減らすことです。

「支出を減らす」というと、息苦しさを感じる方もいるかもしれませんが、大事なことは支出を”コントロールする”ことです。
支出をコントロールする上で、家計簿をつけることはとても役に立ちます。
まさにお金持ちへの第です。

スポンサーリンク

家計簿をつけるメリットは?

家計簿をつけるメリットは以下の3点です。

(1)支出が把握できる
(2)支出が減る(無駄な支出が減る)
(3)支出に対して積極的になれる

(1)支出が把握できる

当たり前ですが、家計簿をつけることで「自分が何にお金を使っているのか」、支出を把握できます。
「あ、こんなことにこんなにお金を使っていたのか・・・」
「このお金の使い方、よくなかったなぁ・・・」
など、自分の支出に対する感度が上がります。
お金持ちになりたいと願っているのに、自分の支出も把握してないようでは、明るい未来は期待できません
まずは支出を把握できることが、メリットの1つ目です。

(2)支出が減る(無駄な支出が減る)

家計簿をつけ始めると、無駄な支出をつける自分が嫌になり、結果無駄な支出が減るようになります。
何気なくコンビニに立ち寄ってちょっとしたお菓子やジュースを買うことがなくなる。
飲み会で終電が近い時に「タクシーで帰ればいいか」という誘惑を振り切ってちゃんと終電に間に合うように行動できる。
そんな変化が生まれます。
「タクシー代:1万円」と家計簿につけるのは本当に嫌なものです。
支出が減る、無駄な支出が減るということが家計簿をつける2つ目のメリットです。

(3)支出に対して積極的になれる

家計簿の目的は、なんでもかんでも節約することではありません。
無駄なものは削り、自分の人生を充実されられるものにお金を使う。
その意識を育てることが大切です。
家計簿をつけるポイントは、”事前に予算を決めておくこと”です。
私の場合、以下のようなExcelのリストを作り、1年間の予算を組み立てています。
支出を、「固定費」と「変動費」に分けて把握することもポイントです。

どんな人生を過ごしたいか、どんな人間になりたいか
→ そうなるためにはどういう支出が必要か
→ 月々または年間いくら必要か
このように未来を思い描いて予算をたてることで、自分が目指す人勢の方向にむかって積極的に支出できるようになります。
予算を決めることで、支出というよりむしろ「投資」に近い感覚が生まれます。
支出に対して前向きな気持ちになれるのは、とてもいい精神状態です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
(1)支出が把握できる
(2)支出が減る(無駄な支出が減る)
(3)支出に対して積極的になれる

この3つのメリットを感じられたら、家計簿は自然に続けられるようになります。
なかなか最初の一歩が踏み出せないと思いますが、コツコツ続けていくうちにメリットを感じていきますので、まずは1ヶ月、ご自身の支出を把握することから挑戦してみて下さい!
この一歩こそが、あなたがお金持ちに近づくための第1歩になると信じています!

本日もお読み頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました