【投資に活かそう!】孫子の兵法の言葉

本・名言・格言

投資の世界には様々な格言があり、多くの学びがあります。
一方で、投資の世界と関係のない方の言葉の中にも、投資に活かせるエッセンスがたくさん隠されていることがあると思います。
今日は「孫子の兵法」の言葉について、そこから得られる投資に活かせるエッセンスを紹介します。

スポンサーリンク

孫子の兵法とは?

まず、「孫子の兵法」とは何でしょうか?

「孫子の兵法」とは・・・
紀元前500年前後の中国の兵法家・孫武(そんぶ)が書き残した兵法書で、世界最古の兵法書といわれている。
戦争での心構えや戦略が13編にわたって書かれており、現代ビジネスにも応用ができるということで、ソフトバンクの孫正義氏やマイクロソフトのビル・ゲイツ氏も愛読したとされている。

孫正義氏やビル・ゲイツ氏も愛読となると、その内容が気になりますね。
では「孫子の兵法」の言葉を紹介します!

スポンサーリンク

孫子の兵法の言葉

有名な言葉をピックアップして紹介します!

【孫子の兵法の言葉】

・彼を知り、己を知れば、百戦して殆(あや)うからず。
・百戦百勝は善の善なるものに非ず。戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり。
・勝つべからざるは己に在るも、勝つべきは敵に在り。
・兵に常勢なく、水に常形なし。よく敵に因りて変化し、しかして勝ちを取る者、これを神という。


一つ一つの言葉の意味と、それをどう株式投資にひきつけて考えるか、私の考えを書いていきたいと思います!

彼を知り、己を知れば、百戦して殆(あや)うからず。

敵を知り、己を知るならば、絶対に敗れることはない、という意味です。
ポイントは、孫子の兵法は”勝つため”の兵法書ではなく、”負けないため”の兵法書であるということです。
ついつい勝つことばかりを考えてしまいがちですが、戦争は兵士の命や国の存亡をかけた戦いですから、まずは負けないことの大切さを説いたのだと思います。
株式投資に置き換えると、「敵」とは相場の状況、他の投資家の心理、投資対象となる企業の業績や将来予想。
一方で「己」とは自分自身の資産状況(保有株式時価、ポートフォリオ、現金比率)、年齢、年収、家庭環境、リスクをどれくらいとれるか、等。
この両方をしっかり認識して株式投資に向き合えば、”負けない”株式投資に近づけるはず。
いつまでも相場で戦い続けられるように、意識していきたいです

百戦百勝は善の善なるものに非ず。戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり。

百回戦って百回勝ったとしてもそれは最善の策とはいえない。
戦わないで敵を屈服させることこそが最善の策なのだ、という意味です。
百戦百勝の何が悪いんだ?と思う方も多いかもしれませんが、百戦もしてしまうと、兵も疲弊するし土地も荒れてしまいます。
実際に戦争に臨むのは最後の手段で、できるだけ戦略や調略で相手を屈服させたい、という考え方です。
株式投資に置き換えると、短期トレードを日々繰り返して利益をあげても日々の銘柄探しやチャート観察に追われて疲れてしまったり、家族との時間を十分に確保できなくなってしまったりストレスの大きい状態が続くことを指しているように私は感じました。
今は勝てていても継続性が弱いやり方です。
一方、あまり戦わないで利益を上げていくというのは、いい銘柄をじっくり選んでの長期投資や積立投資なのかと思います。
私自身は今年の3月からレバレッジを効かせての信用取引でのトレードはやめて、現物銘柄をじっくり保有するスタイルに集中するようにしました。
戦わず勝つためには、その分事前の準備や分析、いざという時に備えた準備が大事
そういう心持ちで今後も株式投資と向き合いたいと思っています。

勝つべからざるは己に在るも、勝つべきは敵に在り。

不敗の態勢を作れるかどうかは自軍次第になるが、勝機を見いだせるかは敵いかんにかかっている、という意味です。
株式投資に置き換えると、まず”負けない”とか”相場から退場させられない”ことは、自分次第でコントロールできるということかと思います。
保有銘柄を減らして現金比率を高めたり、キャッシュポジションのまま相場を眺めたり、個人投資家だからこその強み・戦略もありますね。
一方で、勝てるかどうかは相場の状況次第。
何かのニュースをきっかけに相場全体が上昇することもあれば、決算発表をきっかけに株価がストップ高になることもありますが、それは自分ではコントロールできません。
当然その逆で暴落することもあるわけです。
まずは負けない態勢をしっかり整えるように、銘柄分散や現金比率について考えながら、今後も投資を続けていきたいと思います。

兵に常勢なく、水に常形なし。よく敵に因りて変化し、しかして勝ちを取る者、これを神という。

水に一定の形がないように、戦争にも不変の態勢はありえない。
敵の態勢に応じて変化しながら勝利を勝ち取ってこそ、絶妙の用兵といえる、という意味です。
相場全体の状況・流れはいつ大きく変わるかわかりません。
人の心理の集まりですから、強気になる時もあれば弱気になる時もあります。
そのような一喜一憂に惑わされることなく、ただ大きな転換点はしっかり捉えられるような投資家になりたいものです。
今は業績好調で期待や人気が集まっている銘柄も、それがこの先も続くとは限りません。
一度保有したら長期保有が基本で応援し続けたい気持ちはありますが、長期的な成長性や社会貢献度などに疑問が生じた場合は、方針を変えて売却することも勇気です。
必要な時にそういう判断を下せるように、定期的に保有銘柄の状況は観察し続けていこうと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
少しでも皆様の役に立つヒントがあったのであれば嬉しいです。

アベノミクスが始まった2012年以来、日本の株価は概ね上昇が続いています。
相場全体が上昇していれば当然資産を増やしている人が多いですが、一方でいつ暴落相場に直面するかもわかりません。
その時に相場からの退場を余儀なくされることなく、しっかり耐えられるような、守りに強いポートフォリオを作っていきたいですね。
「孫子の兵法」の考え方は、そんな守りに強いポートフォリオ作りにいきるのではないでしょうか?
「孫子の兵法」の解説本はたくさんありますので、興味のある方は読んでみて下さい。

うまくいくこともあれば、うまくいかないこともありますが、前向きに頑張っていきましょう!
本日もお読み頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました