【実録!】19泊20日 青春18きっぷの旅~1日目

旅行

皆さんこんにちは!「かたつむり君の+10%株ログ」にお立ち寄り頂きありがとうございます!

株や資産形成で成功し、お金の悩みがなくなった時、皆さんは何にお金を使いたいですか?
私は「旅行」に使いたいです!

コロナ禍も1年半ほど続き、「早く何も気にせず外出できるようになって欲しい!」「旅行に行きたい!!」という方も多いのではないでしょうか。
ワクチン接種もだんだんと進んできていますので、もう一息、二息といったところでしょうか。
「気持ちだけでも旅行気分を味わいたい!」という思いの読者の皆さんに少しでも楽しんで頂くべく、今日からの平日はしばらくブログで旅行します!

今から10数年前、学生時代の夏休み、私は青春18きっぷを使って19泊20日の大旅行に出かけました。
今でもすごく思い出深く、時間のある学生時代にやって良かったなと思っています。
当時の日記を片手に、今日から19泊20日、当時の旅行を回想したいと思います!
是非一緒に旅行気分を味わって頂けたら幸いです!

スポンサーリンク

本日の行程

■本日の行程
都内自宅 ~ 猿橋 ~ 甲府・武田神社 ~ 松本市
 
スポンサーリンク

旅の回想

「10:05に家を出発し、3週間に渡る旅行がスタートしました。
最初の目的地は甲府!武田信玄の町です。
が、いきなりの途中下車で、猿橋で降りました。
日本三奇橋の一つという猿橋を目指して歩くこと歩くこと。
散歩中のおばあさんに道を聞きつつ、約30分で到着。
両サイドが屋根を重ねたようなつくりになっていておもしろかったです。
昔、交通が困難だったこの地域で、3匹のサルがつながって橋になったっていうのが地名の由来みたい。
「奇橋」の意味が分かった気がした。」

ということで、いきなりの途中下車から始まったこの旅。
地元の方との交流は旅の醍醐味、この日はちょっと道を聞くだけでしたが、この旅を通して様々な出会いがありましたのでお楽しみに。

ところで皆さんは、青春18きっぷをご存知でしょうか?
全国の普通列車が5日間乗り放題で12,050円(当時は11,500円)、1人で5日分使っても、グループで使うことができます。
時間のある学生のうちに一度は使ってみたい!と思って計画したのが、この旅の出発点でした。興味のある方は是非JRのHPで調べてみて下さいね。

日記に戻ります。

「14時頃、甲府に到着。昼ご飯はほうとう食べました!(@小作)
具沢山でおいしかったっす!
お腹を満たしたところで武田神社へ。
熱中症が心配になるくらいの暑さの中、25分くらい歩いてようやく到着。
意外と遠かった・・。
「疾如風 徐如林 侵掠如火 不動如山」っていう武田信玄の名ゼリフを心に刻みつつ、当時最先端の武器だった銃を取り入れる”先見性”と相手陣地の機運の状況で攻撃のタイミングを考えたというあたりに感心しつつ、自分も社会人になってそういう力を身につけたいななんて思ったりしました。」

うーん、そんな力いまだに身につけられてないですな(苦笑)
その土地その土地の名産を味わう旅の楽しみはやっぱり食事ですね。
小作さんは山梨でも有名なお店。
山梨出身の友達のオススメで行きましたが、美味しかったです!

さて1日目の日記もそろそろ締めくくりです。

「長野県松本市に移動してホテルを探すも、安いホテルはなさそうだったから、人生初のマンガ喫茶に潜入しました。安い(6h 1,200円)けど、寝にくくてしょうがなかったです・・・。」

ということで、これで1日目は終了です。
20日間もの長旅でしたが、色々流動的になる前提で大きな計画は立てつつ細かい部分は流れに身を任せてという感じでスタートを切りました。

出発前の計画では、今回の旅行の最も楽しみなポイントは、①世界遺産・白川郷に行く、②甲子園で高校野球観戦、③世界遺産・熊野古道に行くの3つでした!
が、この3つ以外にも非常に素敵な体験が色々出来た旅でした!
さて、明日は2日目。
初めてのマンガ喫茶泊の影響は大丈夫でしょうか・・・。
明日も是非お楽しみください!
本日もお読み頂きありがとうございました!

日記に登場した観光地

・日本三奇橋・猿橋 大月市観光協会 Otsuki Tourism Association – 観る – 甲斐の猿橋 (otsuki-kanko.info)
・武田神社 武田神社/富士の国やまなし観光ネット 山梨県公式観光情報 (yamanashi-kankou.jp)
・ほうとう・小作 甲州ほうとう 小作 (kosaku.co.jp)

コメント

タイトルとURLをコピーしました