なぜ「株式」なの?他の資産運用手段はダメ?

投資の考え方

ブログタイトルの通り、株式投資で毎年資産+10%を目指しています。

ではなぜ資産運用の手段が株式投資なのか?

株以外の他の資産運用手段についてはどう考えるのか?

私の考えを書きます。

スポンサーリンク

私の資産運用の一覧

私が取り組んでいる&取り組んでいない資産運用を一覧にしました。

スポンサーリンク

なぜやっていない?

まずはやっていない資産運用について、やっていない理由を書きます。

不動産投資
・・・興味が湧かないから。まとまった投資額が必要だから。
現金が必要になった時、すぐに現金化するのが難しいから。
(一度買うと、簡単には売れない。売れたとしても時間がかかる)

FX
・・・何を原因に為替が動くのかが今一つ理解できないから。

暗号通貨
・・・各国政府がお金をすりまくり、貨幣の価値が下がることで、相対的に暗号通貨の価値があがっていくことは理解できますが、それでも値動きが大きすぎるし、動く理由が理解できないから。

金(Gold)
・・・インフレに強いと言われ、通貨の価値が下がると相対的に金(Gold)の価値は上がりますので、将来的には資産ポートフォリオに加えることも検討したいと思っていますが、今はまだリスクリターンについての勉強が不十分なので、買ってていません。

なぜやってる?

次に、やっている資産運用について、やっている理由を書きます。

株式投資
・・・企業業績という株価の裏付けがあるから、資産として流動性が高いから(すぐに現金化できる)、個別企業の研究は自身の勉強にもなるから。

保険(外貨建終身保険)
・・・万が一(死亡)の場合の家族の金銭的な負担を軽減できるから、日本円建よりも運用金利が高いから(年利3%以上)、支払期間10年だが最初の支払いから12年後には解約返戻金が支払総額を上回るから。保険加入前の時点である程度まとまった円預金があったので、”資産の置き所を変える”というイメージで加入しました。

個人年金
・・・毎月1万円ではあるが老後への備えができるから、日本円建てよりも運用金利が高いから(年利約2.5%)、保険料控除(個人年金保険料控除)が適用できるから。

確定拠出年金
・・・老後への備えができるから、自身の積増額は給与所得から控除されるので所得税・住民税の節税になるから。

投資信託
・・・今はやっていません。2024年スタートの新NISAでは投資信託の積立投資の枠が20万円分あるので、これを機に始める予定です。

まとめ。資産運用手段を選ぶうえで大切なこと。

それぞれの資産運用手段についてメリットとデメリットがあります。
期待できるリターンとリスクも異なります。
大切なことは、それらを自分自身の環境と照らし合わせて、判断していくことだと思います。
自分の頭でじっくり考えて、自分に合う資産運用手段を確立していきましょう!
私も勉強頑張ります!
本日もお読み頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました