Google12,000人の人員削減!ピチャイCEOからのメッセージ全文

Uncategorized

2023年1月20日(金)、グーグルの親会社アルファベットが12,000人人員削減を発表しました!

アマゾンの18,000人、マイクロソフトの10,000人に続き、アルファベットも12,000人と、人員削減の波が止まりません。

民間企業で働く会社員の目線としては、とても恐怖でもあり、自分のスキルを高める必要性を痛感する出来事です。

一方で、個人投資家の目線としては、人員削減も辞さない米国企業の環境適応力の高さ、投資先としての魅力を感じます。

日本企業では人員増加によりコスト負担が増えても、このように大規模な人員削減はまず出来ませんので。

今回、アルファベットのピチャイCEOが従業員にあてた文書がCNBCに公開されていました。

従業員へのねぎらいも感じさせる文章ですが、対象となった従業員にとってはやはり厳しいメッセージですね。

この厳しい決断について、どのようにトップからメッセージが発信されたのか、興味のある方は、お目通しください。

■ピチャイCEOからのメッセージ全文(英文)

Googlers,

I have some difficult news to share. We’ve decided to reduce our workforce by approximately 12,000 roles. We’ve already sent a separate email to employees in the US who are affected. In other countries, this process will take longer due to local laws and practices.

This will mean saying goodbye to some incredibly talented people we worked hard to hire and have loved working with. I’m deeply sorry for that. The fact that these changes will impact the lives of Googlers weighs heavily on me, and I take full responsibility for the decisions that led us here.

Over the past two years we’ve seen periods of dramatic growth. To match and fuel that growth, we hired for a different economic reality than the one we face today.

I am confident about the huge opportunity in front of us thanks to the strength of our mission, the value of our products and services, and our early investments in AI. To fully capture it, we’ll need to make tough choices. So, we’ve undertaken a rigorous review across product areas and functions to ensure that our people and roles are aligned with our highest priorities as a company. The roles we’re eliminating reflect the outcome of that review. They cut across Alphabet, product areas, functions, levels and regions.

To the Googlers who are leaving us: Thank you for working so hard to help people and businesses everywhere. Your contributions have been invaluable and we are grateful for them.

While this transition won’t be easy, we’re going to support employees as they look for their next opportunity.

In the US:

  • We’ll pay employees during the full notification period (minimum 60 days).
  • We’ll also offer a severance package starting at 16 weeks salary plus two weeks for every additional year at Google, and accelerate at least 16 weeks of GSU vesting.
  • We’ll pay 2022 bonuses and remaining vacation time.
  • We’ll be offering 6 months of healthcare, job placement services, and immigration support for those affected.
  • Outside the US, we’ll support employees in line with local practices.

As an almost 25-year-old company, we’re bound to go through difficult economic cycles. These are important moments to sharpen our focus, reengineer our cost base, and direct our talent and capital to our highest priorities.

Being constrained in some areas allows us to bet big on others. Pivoting the company to be AI-first years ago led to groundbreaking advances across our businesses and the whole industry.

Thanks to those early investments, Google’s products are better than ever. And we’re getting ready to share some entirely new experiences for users, developers and businesses, too. We have a substantial opportunity in front of us with AI across our products and are prepared to approach it boldly and responsibly.

All this work is a continuation of the “healthy disregard for the impossible” that’s been core to our culture from the beginning. When I look around Google today, I see that same spirit and energy driving our efforts. That’s why I remain optimistic about our ability to deliver on our mission, even on our toughest days. Today is certainly one of them.

I’m sure you have many questions about how we’ll move forward. We’ll be organizing a town hall on Monday. Check your calendar for details. Until then, please take good care of yourselves as you absorb this difficult news. As part of that, if you are just starting your work day, please feel free to work from home today.

-Sundar

■ピチャイCEOからのメッセージ全文(日本語訳)

従業員の皆さん

辛いお知らせがあります。
私たちは、約12,000人の役割を削減することを決定しました。
影響を受ける米国内の従業員には、すでに個別のメールを送信しました。
他の国々では、現地の法律や慣習により、このプロセスはより長くかかるでしょう。

これは、私たちが苦労して採用し、一緒に仕事をするのが好きだった非常に優秀な人たちとお別れすることになります。
その点については、深くお詫び申し上げます。
これらの変更が 皆さんの生活に影響を与えるという事実は私に重くのしかかり、ここに至った決定について全責任を負います。

過去2年間、私たちは劇的な成長を遂げました。
その成長に見合うように、そしてその成長を促進するために、私たちは今日直面しているものとは異なる経済的現実のために採用しました。

私たちのミッションの強さ、製品やサービスの価値、そしてAIへの早期投資のおかげで、目の前にある大きなチャンスに確信を持っています。
しかし、そのチャンスを十分に生かすためには、厳しい選択を迫られることになります。
そこで私たちは、製品分野と機能を横断して、人材と職務が企業としての最優先事項に合致しているかどうかを徹底的に見直しました。
今回廃止する職務は、この見直しの結果を反映したものです。
これらは、アルファベット、製品分野、機能、レベル、地域にまたがっています。

退職される皆さんへ。
世界中の人々と企業を支援するために懸命に働いてくれて、ありがとう。
皆さんの貢献は非常に貴重であり、私たちはそのことに感謝しています。

この移行は簡単ではありませんが、社員が次の機会を探せるよう、私たちはサポートしていきます。

米国では:
– 通知期間中(最低60日間)、従業員に給与を支払います。
– また、16 週間の給与と Google での勤務年数が増えるごとに 2 週間の退職金パッケージを提供し、少なくとも 16 週間の GSU の権利確定を早めます。
– 2022年のボーナスと残りの休暇を支払います。
– また、6ヶ月間の健康管理、就職支援、移民支援も行います。
– 米国外では、現地の慣行に従って従業員をサポートします。

創業から25 年近く経った企業として、私たちは必ず困難な経済サイクルを経験します。
このような時期は、焦点を絞り、コスト構造を改革し、人材と資本を最優先事項に振り向けるための重要な機会です。

ある分野で制約を受けることで、他の分野で大きな賭けをすることができるのです。
数年前にAIファーストに舵を切ったことで、私たちの事業や業界全体に画期的な進歩がもたらされました。

こうした初期の投資のおかげで、Google の製品はかつてないほど優れたものになっています。
そして、ユーザー、開発者、企業にとって、まったく新しい体験を共有する準備も整いつつあります。
私たちは、製品全体でAIを活用する大きなチャンスを目の前にしており、大胆かつ責任を持って取り組む用意があります。

これらの取り組みはすべて、創業当初から私たちの文化の中核をなしてきた「不可能を健全に無視する」姿勢を引き継いだものです。
今日の Google を見渡すと、この精神とエネルギーが私たちの努力を後押ししているように見えます。
だからこそ、私は、最も困難な日であっても、私たちのミッションを実現する能力について楽観的であり続けることができるのです。
今日もその一つであることは間違いありません。

皆さんは、私たちが今後どのように前進していくかについて、多くの質問をお持ちだと思います。
私たちは、月曜日にタウンホールを開催する予定です。
詳しくはカレンダーをご覧ください。
それまでは、このつらい知らせを受け止めながら、どうかお元気でいてください。
その一環として、もしあなたが仕事を始めたばかりなら、今日は遠慮なく自宅で仕事をするようにしてください。

-Sundar

⇓株式投資に関する人気ブログはこちらからチェック⇓


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました