【決算書比較】すかいらーくとサイゼリヤ、あなたはどちらがお好み?

決算分析

複数の会社の決算書を比較することで、その会社の個性がよりわかるようになります。

今日はファミレス大手の2社、すかいらーくグループサイゼリヤを比較します。

皆さんはどちらがお好みですか?

この記事を通して両社の違いを感じて頂けたら、また少しでもあなたの投資の参考になれば嬉しいです。

なお、すかいらーくグループは12月決算、サイゼリヤは8月決算と、決算期にズレがあります。

サイゼリヤはすでに2022年8月期第3四半期決算も発表済ですが、同じ四半期で比べるため、すかいらーくグループは2022年12月期第2四半期決算、サイゼリヤは2022年8月期第2四半期決算で比較します。

■PL(損益計算書)の比較

まずはPLを比較します。

・売上高

2022年度第2四半期の売上高・増収率は以下の通りです。

売上高はすかいらーくがサイゼリヤの2倍と上回りました。

増収率は両社とも+10%を上回りました。

通期予想に対する進捗度は両社とも40%台中盤でした。


過去9年間(2013年度~2021年度)の売上高の推移は以下の通りです。

売上高はコロナ禍によって2020年度、2021年度と大幅に落ち込みました。

増収率の推移は以下の通りです。

すかいらーくは、2020年度の落ち込みが大きく、2021年度の回復は小さいことがわかります。

もちろん両社ともに苦しい環境であったと思いますが、サイゼリヤの方が、コロナ禍にうまく対応したようです。

・営業利益・純利益

2022年度第2四半期の営業利益・純利益は以下の通りです。

まず通期予想ですが、すかいらーくが▲2,000百万円の赤字予想に対し、サイゼリヤは7,700百万円の黒字予想となっており、明暗がわかれています。

実際に第2四半期でも、すかいらーくは赤字、サイゼリヤは黒字となりました。
同じファミレス業界でありながら、ここまで明暗が分かれるのはとても興味深いです。


過去9年間(2013年度~2021年度)の純利益の推移は以下の通りです。

すかいらーくは、実はコロナ禍前から純利益が低迷していたことがわかります。
2016年度以降減益が続いている中でのコロナ禍でした。

サイゼリヤも同じくコロナ前から苦戦しており、2018年度は▲32.3%、2019年度は▲1.9%と減益が続いていましたが、すかいらーくほどではありません。

・利益率

コロナ前の過去7年間(2013年度~2019年度)の純利益率の推移は以下の通りです。


2017年度にサイゼリヤがすかいらーくを逆転し、現在も利益率で若干上回っています。

すかいらーくは2016年を頂点に、利益率の低下が続いています。
厳しい状況が続く中で2020年のコロナショックに突入したことがわかります。

■BS(貸借対照表)の比較

次に、BSを比較します。

2022年度第2四半期の資産合計、自己資本、現金、有利子負債、自己資本比率は以下の通りです。

資産合計はすかいらーくがサイゼリヤよりも約2.9倍大きいですが、財務の安全性はサイゼリヤが上回っています

サイゼリヤはすかいらーくより現金が多く有利子負債が少なく自己資本比率も高いです。

両社のBSを図にすると以下の通りです。


短期的な安全性を示す流動比率(流動資産÷流動負債×100%)は、すかいらーくが58.1%、サイゼリヤが274.6%でした。
すかいらーくは安全である目安といわれる100%を大きく下回りました。

すかいらーくは非流動資産の割合の多さが特徴的です。

主な内容は有形固定資産(196,198百万円、非流動資産の50.7%)と、のれん(145,567百万円、非流動資産の37.6%)です。

サイゼリヤはのれんの計上がありませんので、すかいらーくがM&Aによって企業規模を拡大してきたことがわかり、同社の戦略の大きな違いを感じます。

■CF(キャシュフロー計算書)の比較

続いて、CFを比較します。

2022年度第2四半期のCFの概要は以下の通りです。

両社とも、本業から生み出すキャッシュ(営業CF)はプラスです。

キャッシュフローの概要を図にすると以下の通りです。

まずは、すかいらーくです。

続いてサイゼリヤです。

両社を比べると、すかいらーくの財務CFのキャッシュアウトの大きさが目立ちます。

主な内容はリース債務の返済による支出(▲16,904百万円)、長期借入金の返済による支出(▲8,928百万円)です。

■その他の項目(株価、配当など)

株価、配当など、そのほかの項目を比較すると以下の通りです。

・PER・株価

すかいらーくは通期業績予想が赤字のため、PER情報はありません。
サイゼリヤは17です。
割安の目安とされる15倍に近い水準です。

両社の株価の推移は以下の通りです。

まずはすかいらーくです。

※すかいらーくの株価チャート。SBI証券お客様サイトより抜粋。


続いて、サイゼリヤです。

※サイゼリヤの株価チャート。SBI証券お客様サイトより抜粋。


両社のチャートからも、すかいらーくが低迷を続けているのに対し、サイゼリヤは回復の動きが出てきており、とても対照的です。

・配当

直近5年(2017年度~2021年度)の両社の1株配当の金額は以下の通りです。

すかいらーくが2019年度に減配、2020年度に無配となった一方で、サイゼリヤはコロナ禍でも減配をせず、コロナ前からの配当額を維持しています。

2020年度はサイゼリヤも純利益が赤字となり、大変厳しい経営環境でしたが、それでもなお減配しなかったというのは、株主還元への強い意志を感じます。

株主還元の姿勢としては、サイゼリヤが上回ります。

・株主優待

株主優待は株式投資の楽しみの1つです。
両社とも株主優待があります。

すかいらーくは100株以上300株未満保有で、年に2回2,000円相当の飲食代割引カードが送られます。

※すかいらーくの株主優待(100株以上300株未満保有株主用)。SBI証券お客様サイトより抜粋。

サイゼリヤは100株以上500株未満保有で、食事券(500円)が4枚送られます。
1年以上の継続保有が条件です。

■おわりに

ファミレス大手2社の比較、いかがでしたでしょうか?

グラフや決算説明資料を多く用いて、視覚的に両社の違いを感じて頂けるように意識しました。

ファミレスということで身近に感じる方も多いと思いますが、その会社の財務内容まではなかなか考えないですよね?

今回比較して見て、私自身両社の違いについてたくさんの気づきが得られました。
これまでは特に根拠もなく「いつかすかいらーくの株を買って、優待もらいたいな」と思っていましたが、今回の比較を通して、投資先としてのより魅力的なのはサイゼリヤの方だと感じました。

厳しい環境下での耐性、貸借対照表の安全性、株主還元の姿勢などが理由です。
皆さんはいかがでしょうか?

この記事は個別の銘柄をオススメすることが目的ではありません。


この記事を通して、複数の会社を比較する面白さを感じて頂けたら嬉しいです。

本日もお読み頂きありがとうございました!


サラリーマン投資家ランキング

↑少しでもためになったと思って頂けましたら、応援クリックお願いします!とっても励みになります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました