ウォーレン・バフェットに学ぶ、複利の力!

投資の考え方

皆さんこんにちは。
個別株投資で毎年資産+10%を目指すサラリーマン投資家、かたつむり君です。
(TWITTER:@posikatatsumuri


サラリーマン投資家ランキング

アインシュタイン複利を「人類最大の発明」と呼びました。
同じく、”投資の神様”ウォーレン・バフェットも若かりし時から複利の重要性を認識し、大成功を収めました。

数年前に参加した無料投資セミナーで、とある電子書籍をもらいました。

タイトルは『バフェットと釣りに行く』。

この電子書籍の中にある、複利に関する面白い物語を引用し、複利の大切さについて読者の投資家の皆さんに実感して頂きたい、というのがこの記事の目的です。

物語は”おじさん”(バフェットのこと)とショーンという26歳の青年の会話形式で進んでいきます。

スポンサーリンク

■電子書籍『バフェットと釣りに行く』より(一部抜粋、加筆)

おじさん(バフェット)
おじさん(バフェット)

釣りはできるか?

ショーン
ショーン

まぁ、学生の頃に釣りはしてましたけど・・・なぜですか?

どうだ、釣りで勝負してみないか?

(中略)

じゃあ賭けをしようか。先に魚を捕まえた方が勝ちだ。敗者は勝者に、そうだな、1セント($0.01)払うのでどうだ。勝負できるか?

1セントですか?まぁ、それなら勝負できますけど、その金額だと楽しくない気もしますが

楽しくない?そうだね。じゃあ、先に捕まえた方が1セントもらえる。そしてここで面白くしよう、2回目の勝負に賭け金をダブルにして、先に魚を捕まえた人が今度は2セント($0.02)もらえる。どうだ、まだ勝負できそうか?

2セントですよ?それくらいは払います。それでも面白くなったように思えませんが。

じゃあ、賭け金をダブルにする勝負を30回やるのはどうだ?それでも勝負できるか?

30回?数ドルくらいになりそうですね。たぶん大丈夫だと思います

本当か?そんなにお金持ちには見えなかったがな。(おじさんはニヤっと微笑み、コカコーラを一口飲んだ。)では、釣りの開始だ。

スポンサーリンク

■複利の力

さて、こうしておじさん(バフェット)と青年の勝負が始まりました。

物語の中で、2人は実際に釣りをするのではなく(そもそも青年は釣竿も持っていない)、頭の中で勝負をします。

皆さんも頭の中で、もしくはペンと紙を用意して、計算しながら続きを読んでみてください。
ゲームに戻ります。

さて、ゲームに戻ろう。さっき30回まで賭ける事ができると言ったな、そこまでの金額を賭けられると確認したことにするぞ。それも何回か私に負けて賭け金を払う事が全体だ。では早速、3回目の賭け金はいくらだ?

えーと、1回目は1セント、2回目は2セントだとすると、3回目は4セント($0.04)です

よし。まだ4セントは払えるよな。もし君が10回目に負けたら私にいくら払う事になるかな?


ショーンはノートに計算を書き出した。


えーと、$5.12になります。大丈夫ですよ、この額ならまだ払えます

おお、そうか。じゃあ、30回目に負けた場合は払えるかな?

問題ないと思いますよ

では、そこに行く前に20回目の掛け金が払えるか計算して確認してもらって良いかな?

もちろん

ショーンはノートの計算を続けた。


え!15回目で100ドル台に入ってます?!(ショーンは驚きを示した)

100台に?!すごいな、20回目の掛け金はいくらぐらいになるかね。(おじさんは笑みを見せながら無邪気に)


ショーンは計算を続けた。


$5,242.88?!(ショーンは息を呑んだ)

まだ20回目だぞ。誰かさんは30回目になっても大丈夫だと言ってたな・・・


ショーンは恥ずかしそうにニコッとしながら、計算を続けた。


500万ドル!何が起きたんですか?!ちょっと前までは数セントだったのが、数ドルになったのに、どのように100万台に?私は何をしたんですか?(ショーンは衝撃を受けた)

君はね、お金持ちになる方法を見つけたんだよ。お金をどのように投資してダブルの資金にするかを学べばね。これは複利効果と言われているんだ。約60年前に複利効果を知った時私の人生は大きく変わったんだ。

■まとめ

この物語は、複利の力を伝えるため、大げさに賭け金が倍倍で増える設定になっていますので、ここまで爆発的に資産が増えることは現実的ではありません。

ただ、複利の持つ力はすごい、ということは、十分に伝わる物語だと思います。

「72の法則」という資産運用の世界で有名な法則があります。
「72÷金利=お金が2倍になる期間」という法則です。

例えば、年利6%で資産を運用すると、12年間で資産が倍になる、ということです。
実際に計算してみると・・・

元手:100万円
1年後:106万円 (対前年+6万円)
2年後:112.36万円(対前年+6.36万円)
3年後:119.10万円(対前年+6.74万円)
4年後:126.24万円(対前年+7.14万円)
5年後:133.82万円(対前年+7.58万円)
6年後:141.85万円(対前年+8.03万円)
7年後:150.36万円(対前年+8.51万円)
8年後:159.38万円(対前年+9.02万円)
9年後:168.94万円(対前年+9.56万円)
10年後:179.08万円(対前年+10.14万円)
11年後:189.82万円(対前年+10.74万円)
12年後:201.21万円(対前年+11/39万円)

確かに、100万円で始まった資産が12年後に200万円に、資産が倍になっています。
是非電卓をたたいて確認してみて下さい。
米国株の期待リターンは年間5~7%とも言われますので、こちらは現実的な数字です。

注目すべきは、対前年の資産の増加額が、年々増加していくことです。
毎年同じ6%で運用していても、元手がだんだんと大きくなることで、資産の増加ペースが加速していきます。

これがまさに複利の力です。

資産運用を始めてすぐは資産の額も小さく、複利を実感するのは難しいですが、コツコツと長く続けることで、この複利の力を味わえるようになります。

複利ってすごいですね!
いつか私もそれを味わえる日を信じて、コツコツ資産運用に励んでいきます。

共に頑張りましょう!

本日もお読み頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました