ビジネス会計検定3級基礎講座①~増収率

投資の考え方

ビジネス会計検定3級に出てくる基礎的な財務諸表分析について、事例を交えて解説します。

今日解説するのは「増収率」です。

■増収率とは?

ビジネス会計検定3級のテキスト内では「伸び率(増減)」として解説されています。

対象年度の数値から前年度の数値を差し引いた金額を、前年度の金額で割ったもので、前年度からの増減を測る指標となります。

利益、経費、資産に対しても伸び率を測ることができますが、売上高の伸び率のことを「増収率」と呼びます。

好業績の会社に対し、「増収増益」という表現がされることがありますが、「増収」は売上高の伸び率がプラスであること、「増益」は利益の伸びがプラスであることを指します。

反対に、不調な会社に対し「減収減益」という表現されることがありますが、「減収」は売上高の伸び率がマイナスであること、「減益」は利益の伸びがマイナスであることを指します。

■増収率の計算方法

増収率の計算方法は以下の通りです。

簡単な数字例で説明します。

【例1】

2022年度(=分析対象年度)の売上高が120億円だとします。
2021年度(=分析対象年度の前年度)の売上高が100億円だとします。

この時、2022年度の増収率は・・

となります。

【例2】

2022年度(=分析対象年度)の売上高が80億円だとします。
2021年度(=分析対象年度の前年度)の売上高が100億円だとします。

この時、2022年度の増収率は・・

となります。

理解できましたか?

■大切な2つの観点

株式投資において、投資対象会社の増収率をチェックする際、2つの観点が大切であると考えています。

2つの観点とは

・他社と比べて、大きいか、小さいか。
・過去と比べて、大きいか、小さいか。

です。

・他社と比べて、大きいか、小さいか。

2つの会社があるとします。

【A社】
2022年度増収率:+10%

【B社】
2022年度増収率:+25%

あなたはどちらの会社に投資したいですか?

当然B社の方がいいと思いますよね。

・前期と比べて、大きいか、小さいか。

では、以下の情報が加わったら、どうでしょうか?

【A社】
2020年度増収率:+6%
2021年度増収率:+8%
2022年度増収率:+10%

【B社】
2020年度増収率:+35%
2021年度増収率:+30%
2022年度増収率:+25%

過去の増収率の情報が加わると判断が分かれますね。


直近の増収率はB社の方が高いですが、B社の増収率は年々低下してきています。
一方のA社は、だんだんと増収率が高まっています

■具体例

電子署名サービスを展開する米・ドキュサインという会社をご存知でしょうか?

2022年8-10月期(23Q3)の増収率は+18.3%でした。
なかなかいい増収率ですよね?

ところが、過去約5年の増収率の推移をグラフにすると、以下の通りです。

新型コロナウイルスの拡大によって、電子署名サービスの普及が一気に進み、21Q3(2020年8-10月期)~22Q1(2021年2-4月期)は増収率が+50%を超え急成長しました。

ところが、経済が徐々に正常化するにつれて、電子署名の普及ペースは鈍化し、増収率の低下が続いて現在に至ります。

さて、同社の株価はどうなったでしょうか?

同社の過去5年の株価チャートは以下の通りです。

※SBI証券お客様サイトより、ドキュサインの株価チャートを抜粋

高い増収率が続いていた2020年、2021年は株価も大きく上昇しましたが、増収率の鈍化が見えて以降、株価は急落しました。

■おわりに

増収率、とても基本的な指標ですが、株式投資において大変重要な指標となります。

上記のドキュサインの例からもわかるように、「直近で増収率が何%か」という情報だけでは不十分です。

・他社と比べて、大きいか、小さいか。
・過去と比べて、大きいか、小さいか。

この2つの観点を頭に入れて、投資判断に活用するようにしましょう!

ビジネス会計検定3級の知識は、私の株式分析の基礎になっています。

合格に必要な勉強時間は50時間と言われます。

独学で十分に合格が狙え、得た知識をすぐ投資に活かすこともでき、学習のモチベーションを高く維持しやすい資格と言えると思います。

次回の試験日は3月12日(日)です。
(一般受付(クレジットカード決済)は2023年1月20日(金)~2/2(木)です!)

ぜひ基礎的な財務諸表分析力を身に付けて、株式投資に活かしていきましょう!

公式テキスト公式問題集独学合格が可能です!
是非チャレンジしてみて下さい!

本日もお読み頂きありがとうございました!

⇓株式投資に関する人気ブログはこちらからチェック⇓


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました