【決算書比較】吉野家と松屋、あなたはどちらがお好み?

決算分析

皆さん、牛丼は好きですか?
牛丼と言えば、どこのお店がお好きですか?


吉野家派ですか?
松屋派ですか?
すき家派ですか?
なか卯派ですか?

Twitterでアンケートをとったところ、結果は以下の通りでした。

※Twitterのページよりスクリーンショット

吉野家か松屋が人気かと予想していたのですが・・・。

すき家が1位になるとは意外でした!

アンケートにご協力頂いた皆さん、ありがとうございました!

この記事では、人気の牛丼の比較、ではなく、牛丼チェーン大手2社、吉野家ホールディングス松屋フーズホールディングスの決算書を比較します。

複数の会社の決算書を比較することで、その会社の個性がよりわかるようになります。

両社の違いを感じて頂き、少しでもあなたの投資の参考になれば嬉しいです。

なお、吉野家ホールディングスは2月決算、松屋フーズホールディングスは3月決算と、決算期にズレがあります。

以下記事では、7月に発表された吉野家ホールディングス2023年2月期第1四半期決算と、松屋フーズホールディングス2023年3月期第1四半期決算とで比較します。

■PL(損益計算書)の比較

まずはPLを比較します。

・売上高

2022年度第1四半期の売上高・増収率は以下の通りです。

売上高は吉野家が松屋の1.6倍上回りました。

両社とも増収率は+10%ほど、通期予想に対する進捗度は24%ほどでした。

吉野家のセグメント別売上高は以下の通りです。

主力はもちろん吉野家で、売上高全体の68%を占めます。
うどんチェーンのはなまるが15%、海外が14%となっています。

前年同期比では吉野家が+110.0%、はなまるが+117.5%、海外が+105.2%と、全セグメントにて増収となりました。

※吉野家ホールディングスの決算説明資料より抜粋

松屋は、牛めしの「松屋」の他、とんかつの「松のや」、鮨の「すし松」なども展開していますが、セグメント別の売上高は開示されていません。

過去12年間(2010年度~2021年度)の売上高の推移は以下の通りです。

いずれの年も、吉野家が松屋を上回っています。

売上高はコロナ禍によって2020年度、2021年度と落ち込みました。
特に吉野家の下落ぶりが目立ちます。

増収率の推移は以下の通りです。

コロナ禍での直近2年間は、吉野家の方が、減収率が大きいことがこのグラフからもわかります。

松屋は2021年度、わずか+0.1%ではありますが、増収でした。

コロナ禍で外食産業は厳しい環境が続いていますが、その中でも2021年は回復に向かう動きが見て取れます。

・営業利益

2022年度第1四半期の営業利益は以下の通りです。


吉野家が440百万円の黒字なのに対し、松屋は▲268百万円の赤字でした。

吉野家の黒字転換には、はなまるの黒字化が大きく寄与しました。

※吉野家ホールディングスの決算説明資料より抜粋

・純利益

2022年度第1四半期の純利益は以下の通りです。

両社とも純利益は減益となりました。

通期予想に対する進捗率は41.7%61.8%と高いです。

厳しい環境下で、保守的な業績予想が組まれているようです。


過去12年間(2010年度~2021年度)の純利益の推移は以下の通りです。

吉野家はコロナ前の2018年度も大きな赤字を計上しました。
店舗の撤退等による減損損失5,107百万円を特別損失に計上したためです。

一方、2021年度の大幅な利益は、助成金等収入13,125百万円を営業外収益に計上したためです。

売上高ではいずれの年も完敗だった松屋ですが、純利益では2010~2012年度、2015~2020年度では吉野家を上回っています。

・利益率

コロナ前の過去12年間(2010年度~2021年度)の営業利益率の推移は以下の通りです。

コロナ禍前の2010年度~2019年度を見ると、常に松屋の方が高い営業利益率を記録しています。

コロナ禍で2020年度、2021年度と松屋は営業赤字が続き、利益率もマイナスになっています。
一方の吉野家は2021年度に黒字転換し、いち早く利益率をプラスに戻しました。

■BS(貸借対照表)の比較

2022年度第1四半期の資産合計、自己資本、現金、有利子負債、自己資本比率は以下の通りです。

資産合計は吉野家の方が松屋よりも44%大きいです。

自己資本比率は松屋が52.9%と、44.3%の吉野家を上回りました。

両社のBSを図にすると以下の通りです。


短期的な安全性を示す流動比率(流動資産÷流動負債×100%)は、吉野家が147.6%、松屋が160.7%でした。

両者ともに安全の目安といわれる100%を大きく上回りました。

■その他の項目(株価、配当など)

株価、配当など、そのほかの項目を比較すると以下の通りです。

・PER・株価

PERは吉野家が43.0倍、松屋が54.2倍と、吉野家の方が割安です。
両社ともに割安の目安とされる15倍を大きく上回っています。

両社の株価の推移は以下の通りです。

まずは吉野家です。

※吉野家の株価チャート。SBI証券お客様サイトより抜粋。


続いて、松屋です。

※松屋の株価チャート。SBI証券お客様サイトより抜粋。

コロナ前の2019年は両社とも大きく上昇しましたが、コロナショックで急落しました。
その後は松屋がほぼ横ばいなのに対し、吉野家はじわじわと上昇傾向です。

・配当

配当利回りはわずかに松屋の方が高いですが、両社とも1%にも満たない水準です。

直近5年(2017年度~2021年度)の両社の1株配当の金額は以下の通りです。


吉野家はコロナ禍の2020年度に無配に変更し、2022年度予想もコロナ前の水準には戻っていません。
一方、松屋はコロナ禍でも配当額を維持しています。

・株主優待

吉野家は100株以上保有で、年に2回2,000円相当の飲食券(500円×4枚)が送られます。

※吉野家ホールディングスの株主優待。同社のHPより抜粋。

松屋は100株以上保有で、年に1回優待食事券10枚が送られます。
1年以上の継続保有が条件で、優待食事券1枚で主要メニューより1品選択できます。

※松屋フーズホールディングスの株主優待。同社のHPより抜粋。

■おわりに

牛丼チェーン大手2社の比較、いかがでしたでしょうか?

グラフや決算説明資料を多く用いて、視覚的に両社の違いを感じて頂けるように意識しました。

企業規模も売上高も吉野家の方が大きいものの、コロナ前の純利益は松屋の方が大きかったところが、個人的に興味深かったです。

あなたはいかがでしたか?

この記事は個別の銘柄をオススメすることが目的ではありません。
この記事を通して、複数の会社を比較する面白さを感じて頂けたら嬉しいです。

本日もお読み頂きありがとうございました!


サラリーマン投資家ランキング

↑少しでもためになったと思って頂けましたら、1日1回応援クリックお願いします!とっても励みになります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました