【ペイパル】22/4/27決算発表内容と私の投資戦略

決算と私の投資戦略

皆さんこんにちは。
個別株投資で毎年資産+10%を目指すサラリーマン投資家、かたつむり君です。

通勤時間や平日の夜、週末の時間を使って、売買候補となる銘柄の研究を行っています。
日々様々な情報が飛び交いますが、年に4回(四半期に1回)行われる決算発表は、企業の業績・状態を把握し、今後の投資戦略を考える上で特に重要な情報です。

この記事では、私が保有中 or 気になっている銘柄の決算発表内容をチェックし、今後の投資戦略について私なりの視点で書いていきます。

記載している銘柄を推奨しているわけではありませんが、私の視点や考え方が読者の皆さんの参考になれば嬉しいです。

■本日のチェック銘柄

今日チェックするのは米・オンライン決済大手のペイパル ホールディングス(ティッカーシンボル:PYPL)です。
NASDAQ上場で、決算期は12月です。
SBI証券お客様サイト内の「銘柄サマリー」情報より数値を抜粋すると、時価総額は1,018億ドル、従業員数は30,900人です。

同社はもともと米・電子商取引(EC)のイーベイにあったオンライン決済事業で、2015年に分割して誕生しました。
昨年9月には、日本で後払いサービスを展開するペイディの買収を発表し、話題になりました。
CEOのDan Schulman氏はもともとアメリカン・エキスプレスの幹部です。
私が同社を注目している理由は、デジタル化の流れの中で、オンライン決済プラットフォームとして成長すると期待しているからです。
なお、現在私はペイパル ホールディングスの株を6株保有しています。

■決算発表内容の概要

2022/4/27(水)に発表した2022年1~3月期(第1四半期)決算の主な内容は以下の通りです。

【主な決算内容】(単位:百万ドル)
売上高 (Net revenues):6,483(前年同期:6,033 前年同期比:+7.5%)
営業利益(Operating income):711(前年同期:1,042 前年同期比:▲31.8%)
純利益 (Net income):509(前年同期:1,097 前年同期比:▲53.6%)
資産合計(Total assets):75,805(前期末:75,803)
自己資本(Total Paypal stockholders’ equity):20,603(前期末:21,727)
現金  (Cash and cash equivalents):4,861(前期末:5,197)
有利子負債(Long-term debt):8,222(前期末:8,049)
営業CF(Net cash provided by operating activities):+1,242(前年同期:+1,758)
投資CF(Net cash used in investing activities):▲751(前年同期:▲1,583)
財務CF(Net cash (used in) provided by financing activities):▲695(前年同期:+827)

■決算発表内容分析のものさし

決算発表内容について、私は主に①成長性、②収益性、③安全性、④キャッシュ創出力、の4つの観点からチェックをしています。

それぞれの観点について、主な指標とその計算方法、優秀と認定する目安は以下の通りです。
優秀と認定する目安をクリアした項目が多い銘柄ほど、買いたい銘柄、保有し続けたい銘柄ということになります。

★成長性
【主な指標】
増収率、増益率(営業利益・純利益)

【計算方法】
増収率(%)=(今期の売上÷前期の売上-1)×100
増益率(%)=(今期の利益÷前期の利益-1)×100

【優秀と認定する目安】
増収率、増益率ともに+10%以上

★収益性
【主な指標】
売上高営業利益率、売上高純利益率、ROE(自己資本利益率)

【計算方法】
売上高営業利益率(%)=営業利益÷売上高×100
売上高純利益率(%) =純利益 ÷売上高×100
ROE(%)      =純利益÷自己資本×100
※四半期決算時は純利益を年換算し算定

【優秀と認定する目安】
売上高営業利益率:15%以上
売上高純利益率 :10%以上
ROE      :15%以上

★安全性
【主な指標】
自己資本比率、現金>有利子負債か

【計算方法】
自己資本比率(%)=自己資本÷資産合計×100

【優秀と認定する目安】
自己資本比率:30%以上80%以内
現金>有利子負債であること
※ただし、一概に自己資本比率が高ければいいというわけではなく、有利子負債が多いとダメでもなく、業態や企業の成長フェーズによって個別に評価する必要がある、と考えています。

★キャッシュ創出力
【主な指標】
営業CFがプラスか、営業CF>営業利益か

【優秀と認定する目安】
営業CFがプラスであること
営業CF>営業利益であること

■決算発表内容分析

それでは、上記のものさしに沿って、実際に決算発表内容を分析していきます。

●成長性のチェック

Q1の売上高は前年同期比+7.5%、営業利益は同▲31.8%、純利益は同▲53.6%でした。
増収ではありますが指標にしている+10%には届かず、営業利益・純利益は減益となりました。
直近2四半期からの純利益の増益率(減益率)推移を見ると、21Q3:+6.5% → 21Q4:▲48.9% → 22Q1:▲53.6%と、減速感が数字に表れています。
19Q1以降の四半期売上高・営業利益・純利益の推移は以下の通りです。

Q1の総決済額(Total Payment Volume:TPV)は前年同期比+15%増加の3,230億ドルでした。
21Q3は3,100億ドル、21Q4は3,395億ドルでしたので、こちらも減速しています。

※同社の決算説明資料より抜粋

21Q3、21Q4の記事でも書きましたが、減速の要因は、元親会社であるイーベイとの決別が進んでいることです。
イーベイとの取引を除いた増収率は+15%でした。

●収益性のチェック

売上高営業利益率は11.0%、売上高純利益率は7.9%でした。
いずれも指標としている水準(15%、10%)には届きませんでした。

過去4年(2018年~2021年)の実績は以下の通りです。
売上高営業利益率:14.2%、15.3%、15.3%、16.8%
売上高純利益率 :13.3%、13.8%、19.6%、16.4%

過去4年の利益率と比べても今期の利益率は低いです。
19Q1以降の利益率の推移は以下の通りです。

ROEは9.9%でした。
指標の15%には届きませんでした。

●安全性のチェック

自己資本比率は27.2%でした。
19Q1以降の資産合計・自己資本・自己資本比率の推移は以下の通りです。

保有している現金は4,861、有利子負債は8,222と、有利子負債が現金を上回りました。
前期末(2021年12月末)と比べると、現金は▲336(5,197→4,861)減少し、有利子負債は+173(8,049→8,222)増加しました。
19Q1以降の現金・有利子負債の推移は以下の通りです。

●キャッシュ創出力のチェック

営業CFは+1,242と、キャッシュインとなりました。
営業利益711を超えてのキャッシュインとなりました。

キャッシュフローの概要を図にすると以下の通りです。


「営業CF:+ 投資CF:- 財務CF:-」ということで、キャッシュの循環は良好です。

■業績予想に対する進捗度

SBI証券お客様サイト内の「財務詳細」情報に記載されている今期業績予想に対する進捗度をチェックします。
業績予想に対する進捗度は、年間の業績予想が妥当なものかを考える上で大切な指標です。
もし進捗度が高い場合は、業績予想の上方修正が発表される可能性もあります。
Q1は25%、Q2は50%、Q3は75%、Q4は100%を超えている場合を優秀と定義して、チェックしていきます。
もちろん企業によって季節波動がありますので、単純に数値だけをみるのではなく、前年度の四半期進捗を参考にするのも大事ですね。

業績予想に対する進捗度は、売上高:22.7%、営業利益:16.5%、純利益:16.5%でした。
進捗度としては芳しくありませんでした。

■来期の業績予想から見る将来成長性

SBI証券お客様サイト内の「財務詳細」情報より、来期の業績予想をチェックします。
今期の業績予想を起点に、来期の成長性を見ていきます。

※SBI証券お客様サイトより、同社の業績予想を抜粋

来期の成長率は、売上高:+17.3%、営業利益:+33.6%、純利益:+34.7%と予想されています。 2021年は前期の反動により、2022年はイーベイ決別の影響により、2期連続の減益が予想されていますが、2023年は反転の1年になるかもしれません。

■株価水準とチャートの動き

4/29(金)の終値は87ドルです。PERは32倍です。
過去5年の株価の動き(週足)は以下の通りです。

※SBI証券お客様サイトより、同社の株価チャートを抜粋

コロナ禍でオンライン決済が増加したことを追い風に、2020年から株価は急速に上昇し、一時コロナ前の約3倍の水準まで上昇しました。
ところが、2021年の減益、2022年も2期連続の減益見込みということで、業績予想にあわせるように、株価も下落を続けています。
現在の株価は90ドルを割り込み、コロナ禍で上昇した分は全て帳消しになりました。
コロナ前並みの株価になりましたし、昨年7月に記録した最高値310ドルから▲72%ほど下落していますし、そろそろ底打ちしてもいい頃かと考えています。

■私の投資戦略

以上の分析内容を簡単に表に整理すると、以下のようになります。

前期21Q3、21Q4の記事でも記載したイーベイとの決別の影響により、増収減益でのスタートとなりました。
今期通期でも純利益は減益予想となっており、成長性、収益性、安全性、今期業績に対する進捗と、多くの切り口でさえない決算結果になりました。
株価もコロナ前の水準まで下落してしまいました。

ほとんどネガティブな内容でしたが、だからこそ、そろそろ底打ちのタイミングなのではないでしょうか。 イーベイの影響で前年比が弱く見えるのはQ2までで一巡しますので、Q3決算発表後は徐々に復調の兆しが見えてくるのではないかと予想していますので、今からQ3決算発表の10月下旬までが仕込むチャンスであると考えています。
現在の株価はすでに追加買付したい水準ではありますが、問題は為替相場が円安すぎることです。
1ドル130円はさすがに手が出しにくいです。
10月までの間に株価が引き続き軟調に80ドル程度で推移し、かつ1ドル120円以下まで下げてくれたら、是非第2弾の買付を発動したいと考えています。

直近では不調ではありますが、世界的なデジタル化の流れの中で、長い目で見れば同社のビジネスはまだまだ伸びていくと考えていますので、株価面・為替面でいいタイミングが来るのをじっくり待ちたいと思います。

以上が私の戦略です。

■まとめ

私はだいたい25銘柄程度の注目銘柄を決めて、決算発表内容と会社四季報を見比べながら、上記のような観点で継続的に観察しています。
そして5年で株価2倍が期待できる銘柄を、いいタイミングで買うことを目指しています。
上記の銘柄を推奨するわけではありませんが、銘柄選択の視点や考え方など、読者の皆さんの参考になれば嬉しいです。

毎年資産+10%達成を目指して、引き続き頑張ります!
ということで、本日は以上です!
お読み頂きありがとうございました!

■参考:同社に関する過去の記事

【ペイパル】22/2/1決算発表内容と私の投資戦略
※22/2/1(火)に発表した2021年10月~12月期(第4四半期)決算についての記事です。
【ペイパル】21/11/8決算発表内容と私の投資戦略
※21/11/8(月)に発表した2021年7月~9月期(第3四半期)決算についての記事です。

株式投資を学ぶならファイナンシャルアカデミー

コメント

タイトルとURLをコピーしました