シナリオが崩れたら即撤退せよ!【投資と孫子の兵法②作戦篇】

投資の考え方

こんな方に読んで頂きたい記事です。

『孫子の兵法』の内容に興味がありま~す!

「守りに強い投資家」になりたいです!

長期投資に必要な心構えを学びたいです・・・

この記事は、世界最古の兵法書『孫子の兵法』に書かれたエッセンスを株式投資、特に現物株の長期投資に活かすポイントについて書いています。
「『孫子の兵法』?聞いたことありません。」という方でも、「戦わずして勝つ」というフレーズは聞いたことがあるかもしれません。
株式投資で成功するために、守りに強い投資家になるために、長期投資家として投資の世界で長く生き残るために、『孫子の兵法』のエッセンスを一緒に学んでいきましょう!

スポンサーリンク

■『孫子の兵法』とは?

今から約2,500年前、紀元前500年前後の中国の兵法家・孫武(そんぶ)が書き残した世界最古の兵法書で、戦争での心構えや戦略が13編にわたって書かれています。
その考え方は現代ビジネスにも応用できるということで、ソフトバンク創業者の孫正義氏やマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏にも愛読されています。

『孫子の兵法』全体に貫かれたポイントは以下通りです。

× ガンガン戦って勝ち続けよ!
× 強い気持ちがあれば必ず勝てる!
○ 極力戦うな!戦わずに勝てる方法を探るべし!
○ 戦う前の準備が大事!情報が大事!
○ 勝てる勝負だけ戦うべし!勝てない戦いには挑むな!
○ 勝てるかどうかは相手次第!相手のミスを待て!
 
『孫子の兵法』は以下の13編で構成されています。
①計篇  ②作戦篇 ③謀攻篇
④形篇  ⑤勢篇  ⑥虚実篇
⑦軍争篇 ⑧九変篇 ⑨行軍篇
⑩地形篇 ⑪九地篇
⑫火攻篇 ⑬用間篇

スポンサーリンク

■第2篇「作戦篇」の内容は?

第2篇「作戦篇」は戦うまでの準備、特にコスト面の話について書かれています。
第2篇の中で、投資に活かせるフレーズは以下の通りです。

・兵久しくして国を利する者は、いまだこれあらざるなり。
・日に千金を費(ついや)して、しかる後に十万の師挙がる。

これらの言葉がどういう意味なのか、そこに含まれるエッセンスをどのように株式投資に置き換えて活かしていくのか、見ていきましょう!

■兵久しくして国を利する者は、いまだこれあらざるなり。

武力戦を長期化させて国家に利益をもたらした例はない。戦費の増大や兵員の消耗によって、国家存立の根幹をゆるがしかねない。

株式投資に置き換えると・・・

売ったり買ったりのトレードを長期にわたって何度も繰り返すと、日々の株価の動きに気持ちがすり減ってしまい、精神がもたなくなってしまいます。
たとえ儲かったとしても、疲れ切ってしまいます。

株式投資において、儲けることはもちろん大切ですが、それ以上に長く相場にい続けることが大切です。
長く相場にい続けるためには、ストレスの少ないスタイルで相場と向き合うことが大切です。
短期トレードが肌に合う方はそれでもよいですが、基本は長期投資の方が望ましいでしょう。

ただし、長期投資においても、含み損銘柄を長期間放置していると気持ちが消耗してしまいます。
投資をした当初のシナリオが崩れたにも関わらず、良くないとわかっている銘柄を長期にわたり保有するのは望ましくありません。
そんな時は思い切って撤退することも大事です。
精神的に消耗しない投資スタイル、マイルールを確立しましょう!

■日に千金を費(ついや)して、しかる後に十万の師挙がる。

十万もの軍勢を動員するには、一日に千金もの費用がかかる。この戦費の調達ができてこそ、兵の動員が可能になる。

株式投資に置き換えると・・・

株式投資には元手となるお金が必要です。
そのお金が無くなったら生活に支障がでてしまうような状況の中で、一獲千金を狙って投資をするものではありません。
あくまで余裕資金で投資をすることは、投資の大原則です。

投資で成功するための基本は「安く買って高く売る」ことです。
狙っている銘柄の株価が大きく下げた時、相場全体が軟調な時は、安く買う大きなチャンスです。
ここぞ!のタイミングで思い切って投資に踏み切るためには、日頃から口座内の現金比率を一定程度保っておく必要があります。

■まとめ

いかがでしょか?
『孫子の兵法』は戦い・戦争について書かれた書物ですが、株式投資に活かせるエッセンス、共通する考え方が詰まっていると感じませんでしたか?
私は非常に多くの学びがあると感じています。

『孫子の兵法』について学ぶため、10冊ほど関連書籍を読みましたが、その中でオススメの本を2冊紹介します。

1冊目は、テレビにもよく出演されている齋藤孝さん著の『1分間孫子の兵法』(SBクリエイティブ)です。
『孫子の兵法』のエッセンスが9章77項目にわたって書かれています。
1項目が1ページでコンパクトに要点がまとめられていて、気軽に『孫子の兵法』のポイントを理解したい初心者の方にオススメの一冊です。

2冊目は、杉之尾宜生さん著の『[現代語訳]孫子』(日経ビジネス人文庫)です。
『孫子の兵法』と同じく13章にわたり、原文、現代語訳、解説が書かれています。
各篇の体系表が掲載されており、各篇がどのような構成で書かれているのか、とてもわかりやすくまとめられています。
一つ一つの原文の内容やその意味など、より踏み込んで『孫子の兵法』を理解したい中級者の方にオススメの一冊です。

戦争でも株式投資でも、まず大事なことは「守り」を固めることです。
『孫子の兵法』のエッセンスを学び、マイルールに落とし込み、守りに強い長期投資家を目指していきましょう!
参照:★規律ある長期投資家を目指して★個別株投資8つのマイルール

この記事が、株式投資に取り組む読者の方、長期投資を志す読者の方にとって少しでも参考になれば嬉しいです。
本日もお読み頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました